なんか延々とプログラム書いてる。


気付いたら一ヶ月吹っ飛んでた。もう楽しくて楽しくて。

2023年11月のゲーミング。


【龍が如く7外伝 名を消した男】※ネタバレあり

僕は桐生一馬が死を偽装した理由というものが良く分からなくてずっとモヤッとしておりますから、お話にはあまり入り込めませんでした。死の偽装が沈黙の保障になるとはとても思えませんし、沖縄の子供たちを守るためとは言っても、当の子供たちにとっては大道寺こそが最も危険な存在となっているように思います。結局のところ大道寺は子供たちを人質に桐生一馬を手駒としているわけですが、その構造を維持するにあたり死を偽装する必要ってあるんですかね? 桐生一馬も自らの存在が子供たちを危険に巻き込むと思うのであれば、偽装ではなく普通に死ねばいいんじゃないかとも思いますし、自死が美学に反するとしても、お寺で軟禁されておけば良かったはずです。それなのに、どういうわけか大道寺さんは桐生をコキ使います。桐生を身バレのリスクがあるミッションに送り出しているのは大道寺なのに、「身バレしたら子供たちの安全はないと思え」等とメチャクチャな脅迫をしています。それはどう見たって桐生が約束を破るように仕向けているようにしか思えないのですが、いくらなんでも軽率じゃないすか? まるで、“尾道の秘密”を暴露されるリスクなど露ほども考えていないようですよ。というわけで、モヤモヤしています。それに加え本作でさらに「大道寺から逃れるためには、もう一度死んでみせればいい」とかいう気の狂った筋書きまで出てきますから、困惑は深まるばかりです。が、それはそれとして、龍が如くシリーズはだいたい面白いので本作もまた楽しめましたよ。エンディングの桐生にも感動したしね。本作で初登場の赤目ちゃんも好きです。是非ともナンバリングに出てもらいたい。

~追記~

龍が如くシリーズを最も安く遊ぶ方法はXBOX GAME PASSに加入することです。XBOXと書いてありますが、ゲーミングPCをお持ちであればXBOXは不要です。加入すれば、ほぼ全作プレイできると思います。

【ASTLIBRA Revision】

こりゃすごいわ。システムを盛りに盛っていて個人制作の範疇を軽々と超えてる。テキストや演出は僕の好みじゃないというか率直に言うと嫌いなんだけど、作り込みに対する驚きに比べるとそんな問題はまるで些細に思える。今年はTotKやBG3といった、馬鹿正直に手間を掛けて作られたゲームが評価される年になるだろうけど、去年発売されたこのゲームもその並びに入れて良いものだと思う。地道に作られたゲームの面白さは手間に見合うのだ。

おたより。


はすみさんはゲーム実況することを考えたことがありますか?
(顔なし、声なしとか。)

配信を試したことはあるのですが、頭のどこかで「観ている人を愉しませるように動かなくてはならない」と考えてしまうせいで気が散ってしまい、その結果、ゲームがつまらなくなったので辞めました。配信ですらそんな感じなので、実況なんて無理じゃないすかね。

終活をしていると言うと心配される。


考えてもみたまえよ。まず、僕らは孤独死予備軍なわけだよ。ただでさえ孤独死予備軍である上に、いつ脳卒中やら心筋梗塞でぽっくり逝ってもおかしくない年頃になってしまってるわけよ。となればもう、備えておくしかなかろうよ。必要ない物を処分するなどしてな。というわけで最近は、フィギュアやゲームや映像ソフトの類を片っ端から人にあげたり売ったりしているよ。物が無くなっていくのは気持ちが良いぜ。執着から解き放たれるようでさ。

おもんないな。


なんか、色々、面白くない。シコりすぎて遅漏化するかのごとく、どうやら刺激に慣れすぎている。……と、毎年のように書いている気がするが、重症度は増す一方だ。ガキの頃は何を見てもシコれたのに、今は何を見てもピンとこない。映画やドラマも殆どピンとこない。ジェン・ブイは面白かったけど、ジェン・ブイのレベルまで行かないと面白く感じられないとも言える。そのジェン・ブイも終わってしまった。

微妙にエロいYoutubeショートを眺め続けることで半日をドブに捨てた僕からの警告。


「エロくないもの」と「すごくエロいもの」にはさして時間を使わないんですよ。エロくないものを見続けることはないし、すごくエロいなら直ちにシコれますからね。問題となるのは、微妙にエロい場合です。微妙にエロいものはシコれるわけでもないのに延々と眺めてしまえます。微妙にエロい漫画だとか、微妙にエロいYoutubeショート動画なんかをね。微妙にエロい画像を作る生成AIの出力ボタンを狂ったように押し続けるのもそれです。そればかりか、微妙にエロいソシャゲのカードに大金を払ってしまうことまであります。何事も半端は良くないと言いますが、微妙なエロに関しては、コスパも、タイパも酷いんですよ。何かを得られるわけでも、シコれるわけでもなく、何となく嬉しくなるだけのものを眺め続けるのはやめましょう。微妙に気持ち良くなる脳内物質に溺れ続けるよりも、さっさと賢者タイムに到達する方が、有意義な時間を作れると思うのですよ。

2023年10月のゲーミング。


【Baldur’s Gate 3】

198時間で1周目のプレイを終えました。今年のGOTYは間違いなくTotKかBG3になると思います。僕の好みではBG3の方が上なんですが、批評的には革新性と完成度の高さを兼ね備えたTotKに軍配が上がるのではないかなと。まあ、どちらが取っても妥当と言えます。

PC版にも日本語が来る模様。ありがとうスパチュン。ボロクソ言ってごめんなさい。

ジャニーという名の子供のちんこを食べる妖怪がいることは何故か知ってた。


水木しげる先生の図鑑には載ってなかったのに、何故か知ってた。ジャニーズに鼻クソほどの興味も持たない僕が知っていたぐらいだから、おそらくみんな知っていたのだと思う。知っていたのに「世の中なんて、そんなもんだよ」と呑み込んで、まるで何事も無かったかのように、のうのうと暮らしていたのだと思う。「人間なんて、そんなもんだよ」と割り切るのは容易いけど、腑には落ちないね。どうして僕らはこんなにも正しくいられないんだろな。結局は他人事なのだろう。統一教会の件にしたってそうだ。誰もが一時は怒るんだけど、正義の炎を燃やす遊びに飽きたら忘れてしまうんだ。まあ、そりゃそうだよね。人って、沢山の怒りを同時に抱えながら生きていけるほど器用じゃないもんな。旬の悪を消費するだけでキャパが満杯になっちゃうんだよ。僕にしたって、日々、あれに怒ったり、これに怒ったりと、コロコロ怒りの矛先を変えてる。正義を振るうのは良い暇潰しになるし、旬の悪を相手にすると沢山の共感をもらえるからね。それによって結果的に悪が滅するのであれば、良いこと尽しってもんだよ。つまりだね、僕はただ、気持ち良くなりたいだけなのさ。別にそれが悪いと言いたいわけじゃないんだよ。それによって世の中が大きく動いたり正義が実現することがあるからね。それでも、切実に問題と向き合っている人を舐めてるスタンスではあると思うから、当事者たちに不快な思いをさせない程度には慎みを持っておきたいものだよ。ほんと、僕という人間はくだらんな。どうしようもねえわ。死ねばいいのに。

蓮見先生のゲーミング感想を非常に参考にしてる僕からすると死なれては困ります

僕には死ぬ気など全く無いのですが、不摂生なおっさんは突発的に脳や心臓がやられたりするので何も保障はできないのです。というわけで現在は“Baldur’s Gate 3”をやっておりますが今のところ最高です。

2023年9月のゲーミング。


【Starfield】

そのうち面白くなるのではないかと思いながら続けているが、現時点ではつまらない。惹かれるフックの一つでもあれば多少の退屈な進行にも耐えられるのだが、それもないから頑張るしかない。ここから持ち直して面白くなるゲームなど、最初から面白いゲームを作るよりも難しそうだから、あまり期待はしていない。「舞台を宇宙にしただけのTESやFallout」と評価する人もいるようだけど、僕からはそう見えない。なぜなら僕はTESやFalloutを楽しんだ上で、Starfieldを楽しめていないからだ。“宇宙を舞台としたベセスダRPGのようなゲーム”という括り方をするのであれば、Falloutの家元であるObsidian Entertainmentが作ったThe Outer Worldsの方がずっと面白い。とは言え僕はこのような文句を垂れるために1万円もの大金を払えるほどの富豪ではないから、コンコルド効果が擦り切れるまでは面白くなることに期待してプレイを続けていこうと思う。と、最終的な判断でもないものを発売初日に書いている理由は、僕がこのゲームに期待するさまを何度もブログに書いてしまっているからだ。買うのが早すぎると取り返しが付かないけれど、遅い分には取り返しがつくのだから、このゲームが気になるという人は慎重に見極めるのが良いと思うよ。

~数日後~

マップ調査率100%を目指すのを辞めたり、落ちているゴミを全て拾うのを辞めたり、サブクエストをちゃんとやるのを辞めたり、ゲームを改造して不快なエフェクトを削ったりしていたら面白くなってきました。ゲームの全てがつまらないのではなく、つまらない要素が面白い要素の足を引っ張っていたのだと思います。

~さらに10日後~

クリアしました。なんだかんだで結構楽しめました。基本的にはいつものベセスダRPGなのでそれ自体が好きなら楽しめるのではないかと思います。また、一部のクエストの出来も良いです。が、悪いところも山ほどあるので、全体として凡ゲーとする評価は適正だと思います。実はこのエントリを書く前に悪いところを箇条書きしてみたのですが、それがどえらい分量になってしまいまして、そのまま載せると悪いところしかないゲームに見えてしまいそうだったので、このエントリでは端折ることにしました。

【Baldur’s Gate 3】

ビジュアルはモダンだが、中身はガチガチのRPGだ。いろんな選択ができるんだけど、常に選択を迫られるプレッシャーがあるし、どんな選択をしたって、だいたい取り返しが付かないことになる。それぞれの選択に一長一短あるから、正解を選ぶというよりかは、自分で考えたキャラクターの設定を破綻させないように振る舞う場合が多くなる。文字通り、ロールプレイングってやつだ。RPGってのは本来こういうゲームのことを言うんだと思う。11日前に始めて既に185時間やっている。つまり1日16時間。自分でもどうかしてると思うんだけど、面白すぎて休憩もできない。しかし、どんなに僕が面白く感じたところで、人様に勧められるゲームかと問われると話は変わってちょっと微妙だ。D&Dのルールを使ったゲームであることが売りなんだけど、D&Dを知らん人には取っ付きが悪いかも知れない。でも、やりながら覚えることはできるし、覚える価値も十分にあると思う。とは言え公式の日本語版が(発売予定はあるが)未発売だし、現時点ではバグもそれなりにあるから、このゲームが気になるなら先にDivinity Original Sin 2(DOS2)をやるのが良いかも知れない。DOS2のルールはCRPG向けに作られているから分かりやすいし、Baldur’s Gate 3(BG3)はDOS2の兄弟みたいなものだから、DOS2を経験しておけばBG3にもすぐに慣れるはず。こんな書き方をしていると勧めているように思われるかも知れないけど、勧めてはいない。やれと言ってる。Starfieldはやらなくていい。

~追記~

女の子におちんちんを付けることができます。

僕はシコりたくてシコってるわけじゃない。


そりゃ若い頃には「わけもなく、ただただ勃起して、とてもじゃないけどシコらざるを得ない」みたいな感じもあったんだけど、今はもう違う。自然にシコりたくなることがない。あえてシコろうとしなければシコれない。今の僕をシコらせているのは、欲求ではなく強迫観念なんだよ。シコり続けなければ錆びついて二度と動けなるのではないかというね。ヒトという機械は生殖の成果を最大化させる方向性で最適化されているから、実際に生殖を行えているかどうかはさておいても、「生殖行動をしておりますよ」と自分を騙せさえすれば、ヒトはそれなりに幸福でいられるし、脳は肉体を現役のプレイヤーとして戦える状態に保とうとしてくれる。いつだったか僕の友達も「成功者には性欲が強い奴が多い」と言っていたけれど、それはさておいても、コンスタントな性交渉が認知機能の維持に有効であるという研究があったり、前立腺癌の発症リスクが低下するという研究があったりと、まるで万能の薬みたいに多くのメリットが語られている。であれば、シコるしかないだろう? だから僕はがんばってシコってるんだ。自分に鞭打ってシコってる。これからもシコり続けたい。シコれる限り、シコっていきたい。

以上が、蓮海才太という赤の他人からシコりたいという決意を聞かされるだけのテキストとなります。
よろしくご査収ください。