【おたより】草葉の陰からこんにちは。

Posted by – 2017年4月21日

Link:名作「YU-NO」リメイク版をサターン版と比較し徹底レビュー!

このA.D.M.Sと同じシステムを利用した作品「蒼色輪廻」では、不細工で自殺寸前のキモオタ主人公の人生と、別の世界線で異世界を旅するふたなり美少女の生涯をリンクさせる大胆なシナリオが展開されました。字面だけではかなりバカゲーっぽいですが、この作品もマイナーながら名作です。僕はかなり好きでした。

蒼色輪廻は少しずつ忘れ去られるものと思っておりましたから、墓から掘り起こされたミイラの気分です。YU-NOつながりということで紹介してもらえたようです。畏れ多いですね。

蒼色輪廻というゲームは元々「もう少し開発に余裕があればYU-NOの中で実現していたはずのシステム」を僕が勝手に想像して企画したものですから、すべてはYU-NOありきと言えます。そのようなゲームをYU-NOの親戚として紹介してもらえたのは有り難いことです。

【おたより】「???」ってなんですの?

Posted by – 2017年4月8日


>第二弾は5月中旬に”新規ルート???”の追加を予定しております。

興味ありますか?

ありますよ。
購入に至るほどではないですが。
理由は以前書いた通りです。

【おたより】ゼルダをクリアしましたよ。

Posted by – 2017年3月10日

やめどきも終わりも見えなくて日常生活に支障が出そうだったので思い切ってラスボスを倒しました。

やっぱり、ゼルダは神ゲーでしたか?

神ゲーだと思いますよ。多くの人が既に神ゲーと呼んでいるものを追認するのはミーハーな感じがして恥ずかしいんですが、神ゲーなんだからしょうがないですね。やってるときは無我夢中でした。「気になる場所に向かうとさらに気になる場所が見つかる」という流れが延々と続くんですよ。そんなことを何十時間も続けると飽きがきそうなものなんですが、なかなか興味が途切れない。おかげでやめ時を失って社会人として死にかけました。幾らかは不満もありますけどね。でも、あれ以上を求めるのは贅沢かなと。Switchというハードについてはローンチのゼルダの時点で既にスペックが足枷となるような挙動をみせているのでポテンシャルに不安がありますけれど、現時点では満足しています。ゼルダ後は暫く本体を寝かせることになるんでしょうが、そうなることは発売前から折り込み済みなので失望しません。

【おたより】過度の期待は禁物よ。

Posted by – 2017年3月1日

金曜日まだ??
Switchでゼルダを早くプレイしたいけど

まわりのゲーマー達は「約束された神ゲー」ぐらいの扱いをしているし、僕も楽しみにしてるんだけど、大きく失望させられる可能性も多分にあるから、期待値はフラットに保っておきたい。まあ、ゼルダのために5万円も払っちゃってる時点で、平静でいるのはどだい無理なんだけど。

ゼルダを早くプレイしたい人 & 2/22の、【ツンデレっ娘大集合!】を買った人です。
僕の場合はWiiUも持ってるけど約$500を費やしました。まあ、任天堂の新ハードウェアだし、リージョンロックがないし、損しないと思います。
つまり、僕は単純にバカな任豚ですよね。

特定のハードに肩入れでもしない限り、そのようなファンボーイ用語の定義には当て嵌まらないかと。
今後発売予定のスプラトゥーン2やゼノブレ2は任天堂機でしかプレイできませんから、悪くない買い物だと思います。

NieR:Automataはお勧めしない(評価改定)。

Posted by – 2017年2月23日

仁王をやる方がずっと良い。

【追記】

5種あるメインエンディングを全て見た上で、評価を「お勧めしない」から「ヨコオゲー好きなら及第」へと変えます。幾つかある酷いバグやら最低を極めるようなお使いクエストは大抵の人にとって悪印象でしょうが、2周3周と付き合えるならば「全体としてみると、まあまあかな」と許せる範疇に収まってきます。「中盤までクッソつまんなくても終盤が良ければノープロブレム」といった評価はプレイヤーの忍耐力やら寛容さを前提とするものですから、お世辞にも万人向けとは言い難いんですが、「やり遂げられる人にとっては面白いかも」ぐらいならば差し支えなく言うことができます。

【おたより】これはまた、懐かしいものが出てきましたね。

Posted by – 2017年2月22日

買ったよ

ありがとうございます、ありがとうございます。
というか、今でも入手できるって事に驚いてます。

【追記】

2017年2月22日の人とは別人です。
私も『ツンデレっ娘大集合!』『ファントム』を最近Amazonで買いました

なんと、ファントムまで買えてしまうのですね。僕を目当てにして買うと酷い思いをするかも知れませんが、幸いにも他の(まともな)作家さん達の(まともな)小説も沢山入っているので損はしないと思います。

以下、それぞれの本で僕がやらかしたこと。

【ファントム】

ラブコメをやると言いながらストーカー小説を書きました。

【ツンデレっ娘大集合!】

なんと、ツンデレが登場しません。

【おたより】そうでしょうとも。

Posted by – 2017年2月18日

非処女最高!!

そうでしょうとも。

問いを投げられるでも同意を求められるでもなく、ただストレートに私的な心の叫びを投げ掛けられて、何をどう答えたら良いものかと一瞬考え込んだのですが、冬も解けつつある頃合いですから、春の訪れを告げるシグナルとして肯定的に受けとめましょう。

僕個人には処女や非処女への拘りなどありません。色情狂なら何でもいいです。ですが、「色情狂の処女」と「色情狂の非処女」ならば「色情狂の処女」の方が良いので、おそらくきっと処女派です。

仁王、プレイしちゃった。

Posted by – 2017年2月18日

これ以上ゲーム買っても処理できないと思いながらも、ついつい。

Switch予約したよ。

Posted by – 2017年1月24日

というわけで2月はニーアオートマタ、3月はゼルダとモンハンをやるよ。他にもマスエフェクト新作だとか気になるゲームはあるんだけど「読み物多い&日本語なし」ってのはハードル高いからちょっと様子見る。

【「Horizon Zero Dawn」を追加】

全部やるのに夏まで掛かりそうな予感が。

「『ZERO ESCAPE 9時間9人9の扉 善人シボウデス ダブルパック』発売決定!」だそうです。

Posted by – 2017年1月24日

Link:【先出し週刊ファミ通】『ZERO ESCAPE 9時間9人9の扉 善人シボウデス ダブルパック』発売決定! 時を巡る名作がPS Vita、PS4、Steamで復活!(2017年1月26日発売号)

刻のジレンマをプレイする前にクリアしておきたい2作品がお求めやすくなる模様。

これまで僕は「システムと演出がクソすぎるから」という理由で善人シボウデスをお勧めしなかったのですが、もしそこに改善が加えられているなら、やらない手はないかと思います。